>

フルオペとセミオペの稼ぎの違い

この記事をシェアする

フルオペレーションの稼ぎとは

フルオペレーションの場合には、設置した自動販売機の売り上げの20%から30%程度が収益となります。ただし、それだけを受けられるのではなく、そこから自動販売機の月々の電気代を差し引かなければなりません。
ただ自動販売機の売り上げが良ければ、売り上げも十分期待できる販売でもあります。例えば1本150円の商品を1日10本売ったとします。この際、1日の売り上げは1500円となり、そしてそれが1か月となれば45,000円です。
その売り上げから例えば手数料が30%だとすれば、月の収益は単純計算で13,500円となります。月々の自動販売機の電気代が3,000円程度だったとしても、1万円の売り上げは収益として残ることになります。
自動販売機の管理や商品、釣銭の手間をかけず、置くだけでこの収益が得られるということです。

セミオペレーションの稼ぎとは

セミオペレーションの場合、初期投資には一定の費用がかかるものの、自分の創意工夫で売り上げを伸ばすことができます。例えば自動販売機そのものの購入だけでなく、販売する商品の中には販売許可を必要とするものがあり、その許可手続きにかかる諸経費も計算しておく必要は生じます。防犯面や衛生的環境のために、明かりやゴミ箱の設置なども検討するべきでしょう。ご自宅の敷地内を汚され、不審な物件を残されないためには、こうした初期投資は事前に検討しておくことがオススメです。
こうした初期費用のデメリットはありつつも、セミオペレーションの場合はどんな商品が売れるのか、自分で判断し研究することができます。時世を見て、流行りの商品を陳列することで、大きな利益を得るといったビジネスを楽しむこともできます。